富士ゼロックスのトナーの特徴

「富士ゼロックス」は富士フイルムホールディングスとイギリスのゼロックス・リミテッドの合弁会社として1962年に誕生し、今ではコピー機などのオフィス複合機やワークステーションを提供している機械メーカーとして有名です。

東京都港区を拠点に日本全国、また海外にも大きく展開しています。

富士ゼロックスと言えば、やはりコピー機やレーザープリンタなどが挙げられるでしょう。



国内にはキヤノンやコニカミノルタなど多数の機械メーカーがありますが、富士ゼロックス社が提供する機器はプリント速度が圧倒的に速く、高速機や大型機では現在も強い支持を得ております。


これらの機械を支えているのがインクである「トナー」です。



レーザープリンタでの印刷結果は使用するトナーによって大きく異なりますが、富士ゼロックス社の上質なトナーは鮮やかな発色とくっきりとしたプリントを行うことが可能です。
また、レーザープリンタ特有の詰まりによる故障頻度も非常に低くく、清掃などのメンテナンスを適切に行うことで長期間使用することが可能でしょう。
また、富士ゼロックス社は地球環境保全活動の一環としてトナーカートリッジのリサイクルシステムを構築し、以前より積極的にリサイクルを行っております。


同社の使用済みカートリッジに新たなトナーを注入することで効率的な提供を行っています。

wikipediaのお得情報を公開します。

更に、使用済みカートリッジの回収を1本から無償で行っているのも魅力です。使用頻度が少ない会社でも有効的に利用できることでしょう。